肝臓の主な働きとは?

肝臓は非常に重要な働きをしているにも関わらず、あることすら自覚出来ない縁の下の力持ちです。同時に沈黙の臓器とも言われ、何らかの悪い症状が出た時にはすでに時遅しという最悪の状況にもなりかねない臓器でもあります。

 

どうすれば肝臓を大事に出来るかは、肝臓の働きをよく知って、それをサポートしてあげる知識と努力とが必要。

 

まずは肝臓の働きについて学んでみましょう。

 

・肝臓には血液が必要

肝臓は非常に大きな臓器です。成人男性で平均的に約1.2kgの重さがあり、だいたい自分の体重の50分の1ほどになると言われています。

 

もちろんどんな臓器でも重要な働きをしているのは当然ですが、特に肝臓が注目される理由は、その役割の多さです。

 

肝臓は非常にたくさんの仕事を受け持ち、そのためにたくさんの酸素や栄養素を必要とするため、常に大量の血液の供給を受けるため肝臓にしか無い門脈という血管も持っています。

 

肝臓には常に大量の血液が必要で、その量は1分間に1.1Lと言われています。

 

ちなみに肝臓に送られる血液量は寝ている時が一番多く、MAXを10とすると、座ると6、立つと4程度にまで落ちます。

 

・肝臓の役割〜代謝

肝臓の仕事には代謝があります。

 

ほとんどの物質を代謝する臓器で、たんぱく質、糖質、脂質だけでなく、ビタミンの代謝やミネラルの代謝、胆汁酸の代謝などを行っています。

 

代謝とは、生きるためのエネルギーを生み出す仕組み。だから肝臓に異常が起こると代謝異常が起こり、たんぱく質の合成量が減り、血液の異常などを引き起こします。

 

・肝臓の役割〜解毒

肝臓は解毒を一手に引き受けている臓器で、体内に入って来た有害物質を水に溶けやすく変え、尿や胆汁に溶かして排泄するという重要な働きを持っています。

 

肝臓には特殊な細胞があり、肝臓に運ばれて来た有害物質はその細胞内に取り込まれ、消化されます。有害物質とは毒素以外にもウイルス、腫瘍細胞、壊れた赤血球なども含まれ、体内で生まれた異常な細胞を消化して無毒化するという仕事も持っています。

 

・肝臓の役割〜胆汁の分泌

肝臓は、胆汁という消化液を分泌するのも大事な役目です。

 

胆汁は水分に胆汁酸とコレステロール、脂肪酸、リン酸などが溶けたもので、胆汁を体外へ捨てることでそれらの不溶物を一緒に排泄することが出来ます。

 

もし胆汁の排泄が乱れると、有害物質が血液中に増加することになります。
もし肝臓に異常が出たら、本当に深刻な状態になることがわかりますよね。