健康診断で分かるALT(GPT)とAST(GOT)の数値

会社などで行われる健康診断で肝臓の検査を行うと、何やらアルファベットが並び、細かい数値が書かれていますよね。

 

総体的な診断で大きな問題がなければいいやと思ってしまう人もいますが、本当に問題がないのか、実は危ないラインのギリギリ際にいるのかでは大きな違いがあります。

 

また、毎年数値を見比べることで、自分が良い方向へ向かっているのか、どんどん悪い方向へ向かっているのか推測する事も出来ます。健康診断の検査数値をしっかり理解するために、ALT(GPT)とAST(GOT)について勉強しておきましょう。

 

・ALT(GPT)とAST(GOT)

検査数値の項目にALT(GPT)とAST(GOT)というものがあると思います。
もし肝機能が低下するような事があると、この2つは一緒に数値が上昇します。

 

これらは実は酵素の名前で、数値はその量を現しています。

 

ALT(GPT)は「グルタミン酸ピルビン酸トランスアミナーゼ」、AST(GOT)は「グルタミン酸オキサロ酢酸トランスアミナーゼ」と言います。

 

この2つの酵素は、本来であれば肝細胞の中にあります。

 

だから血液検査で測定されることはないはずなのですが、肝細胞が何らかの原因で壊れてしまうと、中にあるはずのものが血液中に漏れ出て来るのです。

 

逸脱酵素で、あってはいけないものが検知されたという状態になります。

 

・ALT(GPT)とAST(GOT)の数値

ALT(GPT)とAST(GOT)とは、ほぼ同じような働きをしています。

 

ただ、ALT(GPT)のほうは、本当に肝細胞の中だけにしか無く、AST(GOT)のほうは肝細胞以外の部位にもあることが分かっています。

 

例えば血中の赤血球の中や、心臓の筋肉の中、手足の筋肉の中にも多少存在することがわかっていて、心筋や筋肉が何らかの原因で壊れた場合には、ALT(GPT)の値は上がらず、AST(GOT)のほうの値だけが上昇するという現象が起こります。

 

つまり、両方の数値が一緒に一気に上がるというのは、肝臓が壊れた状態・肝臓に異常がある状態以外には考えられないわけです。

 

ALT(GPT)とAST(GOT)の正常値は、40以下というのが国際的な範囲です。
これより少なければまったく問題にはなりません。

 

もし健康診断で100前後にまで上がっている場合には大問題です。

 

ただし、100以下であっても正常値を超えている場合には、慢性肝炎や肝硬変、脂肪肝などが進行していることが考えられるのです。

 

節酒や禁酒で数値が下がるなら良いのですが、状態が悪化すると数百レベルにまで上がります。

 

健康診断で指摘される人の多くは脂肪肝の状態ですから、その時点でとにかく生活を悔い改めて、数値を両方40以下にする必要があります。