アルコールと肝臓の関係

「お酒の飲み過ぎは肝臓を悪くする」ということは、知っている人はたくさんいます。
でも、どうして?と聞かれると、よく答えられないですよね。

 

アルコールは大好きだけど肝臓病が怖いという人は、メカニズムを知ってうまくバランスを取りたいものです。そのためには、ちょっとだけ勉強しておきましょう。

 

・なぜアルコールが肝臓病を起こすのか

アルコールは、肝臓で無毒な物質に解毒されます。
最終的には水と二酸化炭素になって、体外へと捨てられるわけですね。

 

その過程で発生するのがアセトアルデヒドという有害物質で、これが大きな原因となります。アセトアルデヒドは、当然摂取したアルコール量が多いと大量に発生して、体内でなかなか処理出来ずに残ってしまいます。

 

二日酔いの原因の多くはこのアセトアルデヒドですが、体内に残っている状態が長期間続くと、肝臓が脂肪を分解するはたらきを弱め、中性脂肪の原料となる脂肪酸をどんどん作りやすくしてしまいます。

 

結果的に肝臓は中性脂肪まみれになってしまい、脂肪肝となります。

 

そして脂肪肝の状態に更にアセトアルデヒドを追加すると、アセトアルデヒドがついに肝細胞の破壊を始め、肝硬変へと進行してしまうのです。

 

・肝臓の状態に注意

肝臓はかなり我慢強い臓器なので、かなり悪くなってもなかなか不具合として現れてきません。
少しでも不調があれば、肝臓が疲れていないかいたわってあげる必要がありますね。

 

これといった不調ではなくても、日常的に感じる不快感というのはあるものです。

 

例えば、何をしたわけでもないのになんとなく疲れるとか、食欲がない、おなかが張っている、朝目覚めが悪い、急にお酒に酔いやすくなったなど。肌にも影響は現れやすく、爪が白く濁ったり、身体がかゆくなったり、手のひらが赤くなったりする場合には要注意です。

 

・お酒は楽しく

お酒は節度を持って楽しく飲めば、止めなくてはいけなくなるほど身体を悪くせずに付き合えるものです。自分の適量を知ってそこで止めること、ゆっくり飲むこと、肝臓に良い食事と一緒に楽しむことがポイントです。

 

⇒お酒以外にもある肝臓病の原因