タウリンと相性の良い成分って何?

栄養素は、それ単体ではなく他の栄養素と組み合わせることでより高い働きをする相乗効果を持ったものもたくさんあります。せっかく摂取するなら、相性の良い成分も一緒に摂って、より働きを高めたいですよね。

 

タウリンと相性の良い成分は何なのでしょう?

 

・タウリンと相性の良い成分

タウリンと相性がいいのは、アミノ酸、DHA、ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB6、カフェインなどです。

 

なんとなく、栄養ドリンクにどれも入っているような成分ですよね。

 

タウリンは魚介類に多く含まれますが、DHAは青魚に豊富に含まれる成分ですから、魚を中心に摂取するのは理想的だということ。

 

また、ビタミンB群には人間が体内でタウリンを合成するために必要な成分が多いので、体内で作る際にも相性はとても良いと言われています。

 

カフェインとの相性はちょっと意外かもしれませんが、これはカフェインの疲労回復作用とタウリンの疲労回復効果との相性と言えます。

 

カフェインは適量であれば行動量を増やすドーパミンが増加し、運動時間を増加させることがあるので、とにかく元気が欲しい時にはこの2つの成分が有効なのです。

 

ただし、カフェインにはマイナスの作用もあるので、摂取量や摂取時間などには注意も必要です。

 

・自然界の神秘にも注目

実は相性の良い成分は、自然界にある食材に元から備わっている場合も多いものです。

 

例えばタウリンで有名な牡蠣には、亜鉛やグリコーゲン、ビタミンB群などの栄養素が最初から含まれますが、これらは非常に相性の良い成分です。

 

他にもアミノ酸やミネラルなども豊富に含まれ、これだけで十分と言えるほど贅沢な食材ですよね。栄養素を単体で取り出すよりも、丸ごといただいたほうが効果的な場合も多々あるのです。

 

・メーカー独自の研究にも注目

タウリンを含むサプリメントを開発しているきちんとしたメーカーなら、長い年月をかけてタウリンの働きを最大限引き出せる方法を研究しています。

 

つまり、質の良いサプリメントであれば、タウリンと相性の良い成分をしっかり配合しているということ。それを見ればタウリンと相性の良い栄養素は一目瞭然です。

 

もちろん独自の研究で配合のバランスや成分の構成などを変えている場合もあるので自然界の成分と同じ状態とは一概に言えませんが、とても参考になることは間違いありません。

 

例えば、レバリズム-Lでは牡蠣の他にしじみエキスのオルニチンや深海サメのスクワレン、シスチンなどを配合し、効果を高めています。

 

研究を重ねた成果を手軽に利用出来るのも、サプリメントの大きなメリットです。