タウリンの1日の適正な摂取量はどのくらい?

タウリンの1日の摂取量はどれくらいでしょうか。

 

一説にはなんらかの健康増進効果を得たいなら1日3,000mgは摂取するほうが良いとも言われていますし、海外では6,000mgの摂取が効果的などという説もあるようですが、厚生労働省や食品安全委員会ではそうした具体的な量が明記されているわけではありません。

 

多ければ多いほどいいのか?副作用はないのか?気になる点についてまとめてみましょう。

 

・タウリン1日分て?

タウリンの摂取目安は1日500mgと言われています。

 

タウリンはアミノ酸ですから、大量に摂取して何らか問題が起こる事はほぼなく、過剰摂取に過敏になる必要はないでしょう。

 

ただ、摂り過ぎた分はどうなるかと言うと、そのまま排泄に回されてしまいます。

 

つまり、一度に体内に吸収出来ない量を摂取したところで、単にムダになるということです。もしサプリメントなどで補給しているのであれば、製品の目安量を超えて摂取しても意味は無いということ。

 

お金のムダになるので、やめておきましょう。

 

・普通の食事でどれくらい?

一般的な食事をした場合、1日にタウリンは100mgから300mgは摂取できると言われています。

 

でもこれでは上記の500mgには足りませんよね。しかも、お酒が好きでたくさん飲む人は、それだけタウリンが足りなくなって不足する場合もあります。

 

また、お酒を飲まない人でも、バランスの悪い食事、スナック菓子やファストフードばかりを食べる偏食者は、同じようにタウリン不足になっている危険性があるでしょう。

 

タウリンが補給出来ないばかりか、食品添加物によって肝臓や腎臓が疲れ切ってしまうと、タウリンが消費されて更に足りなくなってしまいます。

 

・他のアミノ酸も摂ろう

タウリンの体内生成量は本当に少ないです。

 

でも、まったく作られないわけではありませんから、他のアミノ酸をしっかり食べて、合成量を少しでも増やす努力も必要ですね。

 

お勧めは魚介類を中心とした食事です。
⇒タウリンが多く含まれた食品はこちら

 

日本食はとても理想的なバランスですから、魚を中心に野菜や発酵食品を添えた食事が一番です。

 

魚介類だけでタウリンを賄おうとすると、毎日牡蠣を3個食べたり、イカやタコを90gも食べたりする必要が出て来ます。

 

不可能ではないかもしれませんが、こんな食事ではタウリンの面ではいいとしても、その他の栄養素がまったく足りませんね。必要なのはいろいろな食品を毎日食べること、魚も肉も野菜も穀物もバランスよく食べることです。